<< 美しが丘東辺り | main | 自治会の掲示板の設置工事をしています >>

青葉祭@青葉自動車学校

今日は藤が丘にある青葉自動車学校での「青葉祭」の開催日です。

      

自動車学校でのお祭りは地元の方々にお馴染みのイベントになっています。

毎年、たくさんの方々がこちらにやって来ています。

     

考えてみれば、普段は教習所としてこの中を一般の人たちは歩くことができないのでチョッとした楽しみもありますね。

ここで、青葉まもる君は盲導犬の育成募金のお手伝いです。
今日は盲導犬の3人も参加です。因みに、盲導犬候補の子犬もいましたよ。
  
    

こちらの盲導犬の団体は「アイメイト」というところで、つい最近ですが、盲導犬が何者かに背中を刺されたという悲しい事件のことを覚えていられるでしょうか。その犬が所属していたのもこの団体なのです。

    
    
沢山の方々が盲導犬を可愛がってくれています。
でも、この間中も、たった一言も発しないのです。また、暴れもしません。
本当によく訓練されていますね。
こういう姿を見ていると、あの時に刺されてとても痛くても一切奇声を発しない訓練された犬たちにただただ、驚くばかりです。そんな酷いことが二度と起こらないことを祈るとともに、より一層の盲導犬事業が皆さんのご協力でより良い方向に行ってもらいたいですね。」

こちらの名物は抽選会です。
豪華な賞品が当たるので、皆さん、最後までたくさんの方が残っています。

     

この先の車の荷台で抽選をしているのですが、人がたくさんでわからないですね。

今年も大盛況でした。

at 23:51, 青葉まもる君, -

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
せきぐち, 2014/12/29 4:14 PM

初めまして。私も盲導犬を支援していて、盲導犬協会の賛助会員で、毎月1000円(クレジットカードからの自動引き落し)を募金しています(^_^)/ それで、視覚障害者を含め、障害者の方々を支援する方法が、募金以外にもあるので、それをお伝えします。
大阪府にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
ここのセンターでは、4つのリサイクルショップを運営していて、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、ここの労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPは、http://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、障害者支援の役に立ってもらいたいので(^^) 










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。