<< Amazon hub が、コメダ珈琲江田店 | main | 4連休の今日は…袋詰め作業です >>

大一局楼@柿の木台

今日の青葉まもる君は柿の木台に出没です。

柿の木台の交差点のところに開店した「大一局楼」さんにやって来たのです。

 

 

ここは中華料理店です。

かつてはここで「一番」というお店をやっていました。

 

その後、色々な所で開業して弟子の皆さんなど任せているのです。

「龍鳳(ろんぽう)」という店名でやっています。

あざみ野、まプラーザ、溝の口やら新丸子とか。

大変精力的な方が齋藤さんなのです。

地元青葉区では食品衛生協会の会長も勤めていられました。

 

満を持しての地元開業ですね。

入口です。

 

 

今日は打合せを兼ねたミーティングです。

 

入って右の厨房の前にカウンター席もありますが、店内は細長くテーブル席が並んでいます。

真ん中辺りで2段ほど上がった一番奥のテーブル席に案内されました。

 

よく見ると、この席の向こう側、厨房のある延長線上に隠れ部屋的な席があるのです。

密会希望の方にはいいかもしれないですね。

 

 

 

そんなことで、齋藤さんオススメの“豚肉と茄子の油炒め”をいただきました。

 

もちろん、餃子もいただきました。

 

 

こちらの看板メニューは“トマトラーメン”です。

齋藤さんはパイオニアとしての自信をもっていられるのです。

 

実は、青葉まもる君はトマトが得意ではないので、これまでに一度も食べたことはありません…

悪しからず。

 

炒飯もいいですよ。

これは前回の訪問時のものです。

 

 

スープに特徴があります。

 

美味しい食事で楽しい時が過ごせました。

いいミーティングでしたよ。

 

ご馳走様でした。

 

ところで、店名の「大一局楼」って、どういう意味なのでしょうか?

聞き損なってしまいました…

 

 

 

at 19:29, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment