<< 濃厚なポタージュのようなスープ in 煮干つけ麺 宮元 | main | 十勝豚丼 なまらうまいっしょ@本厚木 >>

コロナと大雨“複合災害”への備え…報道ステーション(TV朝日)より

平日毎日午後10時からのテレビ朝日の「報道ステーション」です。

新聞のラテ欄には「コロナと豪雨“複合災害”に備える避難所の課題」とあります。

 

これは日本医師会の「新型コロナウイル感染時代の避難所マニュアル」に基づいています。

 

新たな避難所の例を提示しています。

 

 

 

重要な対策は“熱者・濃厚接触者の専用スペースを設置、▲肇ぅ譴覆匹悗瞭粟確保、H鯑饉團好據璽垢粒諒檗△海海任魯戰奪百孱横躇幣紊嚢發35cmなど、30分に1回以上窓などを全開にして換気とあります。

 

先ずは昨年の風水害に新たなコロナ対策の必要性を各地の事例を紹介しています。

 

 

その中でスタジオで紹介されていたものがこれです。

 

 

 

これはニード製の「ワンタッチパーテーション」“ファミリールーム”です。

WT-180 という型で一番大きなもので210×210×180cmといサイズです。

これはテントではなくあくまでも間仕切りタイプです。

 

因みに、このタイプは昨年度、西区のとある地域防災拠点に納めています。

そちらの役員さんは一番優れているとのことです。

 

このように簡単に組み立てられるパーテーション式の間仕切りが主流となっています。

 

 

 

at 22:41, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment