<< 元気なところと悲しいところ…県をまたいでの東京 | main | コロナと大雨“複合災害”への備え…報道ステーション(TV朝日)より >>

濃厚なポタージュのようなスープ in 煮干つけ麺 宮元

今日の青葉まもる君は大田区に出没です。

 

午後1時からの打合せです。

雨の中、現地での確認作業です。どうしてもこの天候だと効率が悪くなってしまいます。

 

業者さんと一緒だったので打合せ時間に遅れられないので食事抜きでの訪問です。

そんなことでランチは打合せ終了後です。

時間は2時近くになってしまいました。

ランチタイムは2時までが圧倒的に多いですよね。

2時を過ぎてもやっているお店を探したのです。

 

そう、あったのです。

蒲田を代表する、「煮干つけ麺 宮元」さんです。

 

 

住所は西蒲田7-8-1です。

有名なお店ということで午後2時になっても行列は耐えません。

因みに、画像は3時頃の閉店の頃ものです。

 

先ずは店内の券売機でチケットを購入です。

こちらは煮干つけ麺で有名ですが、今回は“極上濃厚煮干しそば”を注文です。840円です。

 

外で並んでいると、店内から濃厚な煮干の匂いが流れてきます。

 

30分程外で待っての入店です。

店内はカウンターだけの8席です。

カウンターには消毒剤です。

 

 

やってきました!

 

 

何といっても濃厚な色合いのスープが印象的です。

トッピングはチャーシューがムネとモモで2枚、シナチクに海苔が1枚、刻み玉ねぎに刻みねぎです。

 

最初にレンゲでスープを啜ります。

濃厚です。ポタージュ風というよりドロドロの法が正しいのでしょうか。

煮干の風味も強いですがそれだけではないようです。おそらく鶏とか豚とかも混在しているのでしょうか。これが魚系だけではない旨味が広がっているのです。

本来、魚介系が苦手な方にも十分に満足ができます。

 

 

麺はやや細めのストレートです。スープがよく絡んできます。

 

これだけで十分な腹持ちなのです。そう、スープの中に全ての要素が凝縮しているからなのでしょう。

満腹満足な一杯でした。

 

ご馳走様でした。

 

因みに、青葉まもる君、つけ麺はあまり好きではないです。つけ麺屋でらーめんを食べるのはチョッと勇気がありましたが、チャレンジしてよかったです。

 

追伸

「ブタージュ」です。

店頭で並んでいる時に見ました。

 

 

平日の夜限定です。

6月23日(火)〜26日(金)がラーメンで、6月30日(火)〜7月3日(金)がまぜそばです。

 

 

at 20:04, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment