<< 楽天モバイルの携帯電話基地局を | main | 医療関係の皆様、有り難う〜青葉区医師会へ >>

シッカリと消毒をしていました〜久々の「八龍」@反町

今日の夕刻の青葉まもる君は横浜駅方面に出没です。

折角なので夕食はこの付近でとることにしたのです。

 

そんなことで、ふと、思い出したのが反町です。

桐畑の信号から反町駅までを結ぶ2〜300mくらいの通りは知る人ぞ知る飲食店の名店の多いところなのです。

 

やってきたのは「八龍」さんです。

住所は神奈川区反町1-5-1です。

これで“たんまち”と読みます。“そりまち”ではありません。

 

ここは夜の営業です。開店は6時なのです。

 

 

ここにはもう30年以上やっているのではないでしょうか。確か、ここに移ってくる前は近くの松本町にあったとか。

そんな地域の皆さんに愛されているお店なのです。

 

午後7時半頃にやってきたのですが、既に満席で外にも列が伸びていました。昨日梅雨入りしているので天気は雨ですが。

ガラス越しに店内を見ると、何時ものご主人と息子さんにもう一人の調理人が、そして二人の女性が忙しく動いていたのです。

 

着席できたのは8時を過ぎていたのです。

元々人気店ではありますが、お客さんが変わるたびにキッチリと消毒作業です。

これだけやっていると、そう簡単にお客さんの回転は難しいですね。

 

注文は“豚の角煮丼”です。

実は、初めての注文です。

これまでは、そう20世紀の頃はメニュー表など見たことがありません。殆どの人がタンメンを注文しているのです。ビールを頼む人はレバニラ炒めを頼んでいるのです。

最近はチャーハンを頼むことが多いのですが、角丼も同じ870円です。

 

 

 

大きな角煮とともに豊富な野菜が皿の上に踊っています。

味付けもここらしく濃いめで食が進みます。

 

何を食べても美味しいですね。

 

ご馳走様でした。

at 21:51, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment