<< コロナ「複合災害」に備え〜日経新聞より | main | 今のみなとみらいは、 >>

久々の「安記」@中華街

今日の青葉まもる君は中区方面に出没です。

 

目的地の6階からの眺めです。

 

 

横浜スタジアムです。

 

 

そんなことでランチは直ぐ近くの中華街へ移動です。

 

 

正門の善隣友好門を入っていきます。

 

 

本通りですが、人が少ないですねぇ。

営業しているお店もまだまだ少ないのです。

 

そんな中、やってきたのは「香港路」です。

足を運んだのは「安記」さんです。

 

 

こちらは中華街でも“お粥”で有名なところです。

これは、青葉まもる君の記憶なのですが、間違っているかもしれませんが、作家の森瑤子さんの小説の中で、題名も覚えていません、中華街で一番美味しいお店だと書いてあったのです。

 

そんなこちらには久々の訪問です。

前回の訪問は30年近く前になると思うのです。

まだ、中区末吉町に勤めていた時のころです。

当時、大学の先輩が訪ねてきてくれて、一緒に行った依頼です。

 

もちろん、その時もお粥はよく知れたものだったのですが、たまたま注文した“炒飯”が実に美味かったのです。

そんなことで思い出の炒飯です。

 

 

こちらはランチ料金はなく、通常の750円から100円引き650円に消費税の715円です。

 

およそ30年前の記憶とともに過ぎたランチタイムでした。

at 21:23, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment