<< 必要とされるものはどこでも同じですね…非接触型体温計に間仕切テント | main | コロナ時代の防災…JNN報道特集より >>

北海道らーめん 文太朗@たまプラーザ

今日の青葉まもる君はランチタイムはたまプラーザに出没です。

 

やってきたのは「北海道らーめん 文太朗」さんです。

住所は美しが丘4-19-18でたまプラーザ駅北口から徒歩で10分ぐらいです。

 

ここにやってきたのには理由もあるのです。

こちらの営業時間は11時から22時までとなっています。

そう、この時間が通し営業なのです。

 

そもそも午後から自治会さんとの打合せがありその後のランチとしたのです。

更に、いわゆる三密を避ける意味で人のいない時間でもやっているこちらにやってきたのです。

3時半近くになっての訪問です。

 

 

店内には先客もいらっしゃいました。

 

今回の注文は“文太朗熟成醤油らーめん”と決めていたのです。

この前は北海道といえば“味噌”ということで単純に決めてしまったのですが、こちらご主人が旭川で修行されたということを聞いていたからです。

旭川と言えば醤油ですからね。

 

やってきました!

丼は味噌の時の擂鉢状のものとは違います。

いたってシンプルなものです。

 

トッピングはチューシューに木耳、シナチク、葱は白と青です。そこに海苔が一枚です。

煮卵は追加です。

 

 

レンゲでスープを啜ります。

見た目は濃い感じです。確かに口の中に広がるのは濃さがわかりますが、醤油のものではなく、醤油の濃いコクなのです。

 

 

麺は細めの縮れたものです。

味噌の時と同じような、違うような??

 

因みに、チャーシューはジューシーで厚手の食べ甲斐のあるものです。

 

 

ご馳走様でした。

at 20:03, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment