<< ここにもテイクアウトが…一麺托生@もえぎ野 | main | 北海道らーめん 文太朗@たまプラーザ >>

必要とされるものはどこでも同じですね…非接触型体温計に間仕切テント

先日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解消されました。

少しづつ、これまでの活動等も徐々に復活しつつあります。

 

ただし、新し生活生活様式が求められています。

 

ここには色々と気をつけなくてはならないことがあります。

 

外へ出ると、入口で手指の消毒をしたり、体温の測定もあります。

特に病院では非接触型体温計を当てられた方もいらっしゃるのでないでしょうか。

 

そんなこの体温計を行政や他の団体の方々からご依頼があるのです。

 

しかし、このようなご相談はメーカーさん等に全国から来ているのです。

誠に申し訳ありませんが、現状では早急に対応できないのです。

 

かえってキチンとした商品を手に入れるにはもう少しお待ちいただいたほうが価格面から考えてもいいかもしれません。

 

 

発災時の避難所として避難者がこのコロナウイルの影響を考えると避難者のソーシャルディスタンスを考えなくてはならないのです。避難所スペースでは密にすることなく、他の人たちとの仕切りも必要となってくるのです。

 

そこで注目を浴びているのが間仕切テントなのです。

これを用いればお隣との距離や仕切りが上手く活用できるのです。

 

これは株式会社ケンユーさんの“ベンリー間仕切”です。

組立型は簡単です。

形状記憶になっている骨組みを広げます。そして、天井部分の半分にも同じく屋根を設置するのです。

これは、青葉まもる君のところ長年扱っていて不動のベストセラーの“簡易テント”と同じなのです。

 

実はこの間仕切は昨年度に泉区役所様に100張り以上を納めさせてもらいました。

 

また、今回の新型コロナウイルスの感染防止策としてとある区役所様からもご相談がありました。

メーカーさんに問い合わせたところ、既に計画されていた本年度の生産予定数は、もう既にオーバーしているということです。

そうなんです、同じようなご依頼が殺到しているのです。

そこはそこ、現在交渉中で何とかなりそうです。ただ、時間はかかりますが。

 

このように誰もが必要とされるものは同じものになってしまうのですね。

そういえば、これも青葉まもる君のところで一番人気の「缶deボローニャ」も新型コロナウイルスの影響もプラスされて納入が追い使いなとの連絡がありました。

もちろん、ガス式発電機「エネポ」もそうですね。

 

いやははや、大変な事態です。
 

 

 

 

 

 

at 22:11, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment