<< 川崎北部市場の現状は | main | 緊急地震速報発令! >>

避難所の「3密」対策急ぐ〜読売新聞より

現在の新型コロナウイルスの脅威が続く中、懸念されるのが自然災害の発生した倍の対応なのです。

多くの住民が集まり身を寄せる避難所は集団感染のリスクと背中合わせなのです。

 

このように感染防止と災害対応をどう両立させるかが重要な課題となっているのです。

 

このような場合の問題点についてどのようにすべきかを今日の読売新聞の3面で特集されています。

 

 

実際に、九州での24時間雨量が史上最大を記録した時に避難所を開設をしても訪れる人がいないということがあったのです。

 

このような場合にどのように対応していくのかが課題となっているのです。

 

感染対策として、先ず上げられるのが“ソーシャルディスタンス”の確保です。

これまでの避難所運営のおいてはこのようなことは想定していないのです。

 

これに対して国は”畸覆茲蠡燭の避難所の開設、⇒Э佑篆得迷陲悗糧鯑顱↓ホテルや旅館の活用などを求める通達を自治会に出しています。

しかし、これらはただでさえ避難所の少ない都市部やホテルや旅館がどこにでもあるわけではないのです。

 

検討しなければならない課題がたくさんあります。

 

避難時での感染防止対策例も示されています。

これは「避難所・避難生活学会」によるものです。

 

 

 

飛沫感染を防ぐために段ボール製ベッドを備えた2短擁の「個室」の設置を提案しています。

ベッドの高さは床のちりに付いたウイルスの吸入を防ぎ高齢者が寝た状態から立ち上がりやすい35堕度として飛沫が通過しない段ボールなど板状素材を推進しています。

 

そして避難所の感染症対策は衛生用品は基本的に各自が持参することが基本となるのです。

その例示です。

 

 

皆さん方もこのような記事を是非、ご参照下さい。

 

 

 

at 22:43, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

comment