カセットガスで発電できます…エネポのメンテナンス

今日はある自治会さんへガス発電機「エネポ」を納品です。

 

 

備蓄庫へです。

 

ここで防災担当の皆さんによる始動です。

 

 

カセットガス式発電機は従来のガソリン式発電機と較べると取扱いが大変簡単です。

先ずはエンジンオイルを入れて起動です。

 

簡単といえどもお守りいただきたい事項があります。

メーカーのホンダさんの注意書きです。

 

是非、ご参照下さい。

 

 

 

at 22:15, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

三宅島近海で地震発生!

先程の21時20分頃、三宅島近海で地震が発生しました。

深度約20Km、M4.2、最大震度3です。

 

この地震による津波の可能性はありません。

 

先日の東京湾での頻発した地震との関係はあるのでしょうか。

 

気にならずにはいられません。

at 21:19, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

とん平さんもテイクアウトをやってます

市が尾駅前にある「とんかつ とん平」さんもテイクアウトをやっています。

お店の左側にテイクアウトのノボリがあります。

 

 

今日、初めて気づいたのですが、「とん平」さんから「しろきや」の文字が消えているのです…

 

http://blog.sanork.net/manage/?mode=write&eid=1580

 

この時には“しろきや”の文字が入っていたのです。

 

まぁ、それはさておき、店頭のメニュー看板です。

 

 

青葉まもる君は店内でいただいてしまいました。

何時のも“焼きカレーランチ”です。

 

 

 

 

at 21:51, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

東京湾を震源とする地震が

このところの新型コロナウイルスの問題が中心で他のところには中々目が行かなくなっています。

 

そんな中、昨日から東京湾を震源とする地震が頻発しているのです。

昨日20日14時54分のM2.9、震度1から始まり今日の14時00分のM2.9、震度1まで6回の地震が発生しているのです。

この中での最高の震度は2時7分の2です。

 

決して大きいものではありませんが、連続して発生している揺れには注意せざるをえません。

 

at 17:41, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

北海道ラーメン 文太朗さんのテイクアウトメニューですが

今日の青葉まもる君はたまプラーザ方面に出没です。

 

ランチでやってきたのは「北海道ラーメン 文太朗」さんです。

 

 

 

こちらは前から気になっていたお店なのです。

以前は別のお店があって年初からわかっていたのですが、中々訪問することができなかったのです。

 

今日は午前中に藤が丘にみたけ台と行っていました。

その後にたまプラーザ団地でしたので文太朗さんなのです。

住所は美しが丘4-19-8で団地の直ぐ近くになるのです。

 

もちろん、こちらでもお持ち帰りメニューが充実しています。

いただいた

パンフレットには味玉無料券が付いています。

 

 

ということですが、初訪問ですので店内での実食とさせていただきました。

 

入店は11時過ぎでしたので今日の一番乗りです。

 

 

広い店内です。

これはおそらく前の割烹を出来うる限りそのままで使っているからでしょう。

この左横には小上がりもあります。

こう見ると、おそらく居抜き物件でしょう。

 

 

味噌、醤油に塩がありますが、先ずは“味噌”を注文です。

そうすると、味噌には味噌とこくまろ味噌の二種類があるそうです。オススメを聞いたところ札幌焦がし味噌らーめんということでした。

 

やってきました!

擂鉢型の丼です。

 

 

チッピングは叉焼に太めのシナチク、太めのシナチク、キクラゲに葱は白葱と青葱です。見えませんがこの下には炒めた野菜が隠れています。そして、丼の縁には海苔が一枚です。

 

スープを啜ります。

チョッと辛めですが、意外とスッキリと喉を通っていきます。

 

 

麺は中太です。少し固めで黄色が濃いものです。

 

こう食べてみると、記憶の遠くの彼方に行ってしまいましたが、かつて札幌で食べたラーメンのような、そんな感じがしたのです。

 

帰り際にホール係の人に北海道のご出身かとお伺いしたのです。

そうすると、出身ではなく旭川で修行されていたとのことでした。

 

まぁ、それはさておき、とにもかくにも北海道の全種類を実食からスタートしてみたいですね。

 

ご馳走様でした。

 

at 20:57, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

チキンステーキとろけるチーズは、どこでしょうか?

今日の青葉まもる君のランチタイムは“チキンステーキとろけるチーズのせ定食”です。

いわゆる洋食です。

 

 

これが実に美味いのです。

ディッシュの上の大きなチキンステーキの上にはケチャップが多めのデミグラス風のソースが掛けられています。

その上を薄いカーディガンのようにチーズがのせられています。

 

フォークとナイフで一口大に切り分けて口に運びます。もちろん、タップリとソースを絡めて。

口の中にソースの酸っぱさとチーズのまろやかさが広がっていきます。チキンはよく炒められているので繊維質も余り感じられずに喉を通っていきます。

 

実は、これ、市場飯なのです。

先程の美しが丘を出てやって来たのは川崎北部市場です。

こちらでの買い物を終えて市場でのランチとなったのです。

 

やって来たのは、何時もの関連事業棟の3階ではなく本館1階の「レストラン ボンアール」さんです。

コロナ対策として通気のために正面のドアが開放されています。

 

 

入口にこちらの人気ランキングがでていたのです。

これまでもあったのでしょうか。

青葉まもる君は気づきませんでした…

 

 

それでは、それに従うことにして4番人気の“チキンステーキとろけるチーズのせ定食”を注文です。

でも、これが、大正解でした!

 

 

世間のコロナ禍の中、落ち着いた雰囲気の中での世間の喧騒を少しばかり忘れての一時でした。

 

因みに、食後のデザートもあります。

 

 

ご馳走様でした。

at 16:15, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

美しが丘の地域拠点にて

今日の午前中はたまプラーザのとある地域防災拠点です。

こちらの役員の方々とのチョッとした打合せになりました。

短い時間でしたが、良い時間を過ぎさせてもらいました。

 

今日の話題は衛生用品、災害弱者への対応に中学生への期待です。

 

そもそもは地域防災拠点での備品のことが話題だったのです。

今回は女性の役員の方とです。

そう、これからの災害は女性が中心となっていかなければならないのです。

女性の細やかな視点が重要なのです。

 

ここには何年も前にマスクや手袋を納入させてもらっています。

今年はこのような状況ですので多くの皆さんからご相談を受けています。

このように注目される前からなのです。

これも女性の意見が反映されているのです。

 

衛生問題はマスク、手袋にハンドジェルと進んでいったのです。

 

そして、拠点で対応しなくてなならないのは、子どもと高齢者という災害弱者です。

たまプラーザは地盤もシッカリしているので倒壊や倒壊の危機のある家屋は少ないのです。

しかし、単身の高齢者の方々や共働きの世帯のお子さんらは発災時は不安解消のための安全と場所として必要となるのです。

 

それともに中学生の役割が重要となってくるのです。

昼間時に発災した場合、成人の男性の多くは青葉区外にいます。

だからこそ、地元の中学校に通っている中学生の役割が重要なのです。

因みに、美しが丘連合自治会内では毎年恒例の「防災のつどい」では中学生が活躍しているのです。

この中学生たちの有機的な活動が地域の力となっていくのです。

 

この中での衛生問題の一つの課題が出てきました。

口腔内の課題です。

ただ、ここで話題となったのが“入歯”への対応です。

今まで議論されてこなかったところです。

これから考えなくてはならないところですね。

 

at 14:50, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

緊急地震速報発令!

只今、緊急地震速報が発令されました。

テレビでの緊急音が耳をツンざしました。

岐阜、富山、石川、長野県です。

震源は岐阜県飛騨地方でM5.3、深さは10K です。

 

深度4が岐阜県高山市、震度3は長野市他です。

 

この地震による津波の心配はありません。

 

 

先程も、福島県沖を震源とする地震が発生しています。

深さ50K 、M5.3 です。

昨日も発生しています。

 

ここでは連続していることが気になります。

 

どうしてもコロナウイルスの問題が中心となっています。

自然災害にも気に留めなくては。

at 13:21, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

避難所の「3密」対策急ぐ〜読売新聞より

現在の新型コロナウイルスの脅威が続く中、懸念されるのが自然災害の発生した倍の対応なのです。

多くの住民が集まり身を寄せる避難所は集団感染のリスクと背中合わせなのです。

 

このように感染防止と災害対応をどう両立させるかが重要な課題となっているのです。

 

このような場合の問題点についてどのようにすべきかを今日の読売新聞の3面で特集されています。

 

 

実際に、九州での24時間雨量が史上最大を記録した時に避難所を開設をしても訪れる人がいないということがあったのです。

 

このような場合にどのように対応していくのかが課題となっているのです。

 

感染対策として、先ず上げられるのが“ソーシャルディスタンス”の確保です。

これまでの避難所運営のおいてはこのようなことは想定していないのです。

 

これに対して国は”畸覆茲蠡燭の避難所の開設、⇒Э佑篆得迷陲悗糧鯑顱↓ホテルや旅館の活用などを求める通達を自治会に出しています。

しかし、これらはただでさえ避難所の少ない都市部やホテルや旅館がどこにでもあるわけではないのです。

 

検討しなければならない課題がたくさんあります。

 

避難時での感染防止対策例も示されています。

これは「避難所・避難生活学会」によるものです。

 

 

 

飛沫感染を防ぐために段ボール製ベッドを備えた2短擁の「個室」の設置を提案しています。

ベッドの高さは床のちりに付いたウイルスの吸入を防ぎ高齢者が寝た状態から立ち上がりやすい35堕度として飛沫が通過しない段ボールなど板状素材を推進しています。

 

そして避難所の感染症対策は衛生用品は基本的に各自が持参することが基本となるのです。

その例示です。

 

 

皆さん方もこのような記事を是非、ご参照下さい。

 

 

 

at 22:43, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -

川崎北部市場の現状は

今日の青葉まもる君は川崎北部市場に出没です。

食品に関するものは営業自粛の対象ではありません。

そんなことで市場の関連事業棟にお伺いしたのです。

 

 

この中に入ると、こんな表示があったのです。

 

 

これまで毎週土曜日に行なわれていた“朝市”の中止をお知らせするものです。

 

そういえば、先日、農協の中里支店でお会いした花卉農家の方が市場が閉まっていて大変だということを聞いたことを思い出したのです。

まだ、全てが解除されていないのです。

 

そんなことで、ここ関連事業棟の飲食店街に入ってみました。

閉店しているお店もありましたが、殆どが営業していました。

 

それでも、何時もと較べると、やって来ている人も本当に少なくなっていました。

お伺いしたのは「伊豆屋」さんです。

 

 

こちらのおすすめランチです。

Aの“海老・イカフライ・コロッケ・鶏唐揚”を注文です。

 

 

何時も通りに、何時ものようにやってきました。

 

早く日常が戻って欲しいですね。

それまでは我慢ですね。

 

at 23:09, 青葉まもる君, -

comments(0), -, - -